スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水信玄餅

DSC_2310aaa.jpg

話題の甲州台ヶ原にある金精軒さんの「水信玄餅」を食べに行ってきました。
お昼頃には売り切れの日もあるとのことで、早くに家を出て10時頃到着。
その時点で40組弱の順番でした。

 
この水信玄餅は、毎年6月~9月末日まで、土日祝日だけの限定販売。
しかも、通常の販売に耐えうる条件を一切無視して作ったお菓子ゆえに、
持ち帰りや予約を、一切受けることができないそうなので、
出来あがったものを、その場で食べれる人だけの限定。
そのうえ(まだ限定がある)金精軒台ヶ原店、韮崎店の2店舗のみの限定販売。
そして一日作る数量も限定。

甲斐駒ケ岳の伏流水(サントリーの『南アルプスの天然水』の採水地)で作ったと言う、
この菓子は、水をギリギリ固まる程度の固さにしたものだそうで、
常温に晒すと、30分程度で本来の美味しさが失われてしまうとか。

通常の信玄餅と同じで、きな粉と黒蜜で食べます。

DSC_2317.jpg

ぷるんぷるんのまま、口に運ぶと入れたとたん水が弾けます。
水菓子っていったって、水を食べるのと訳が違うでしょ....寒天か、葛(くず)か...
そんな食感かなと思っていたら、大きな間違いでした。
口の中に入れて、その口を閉じると、とたんに優しい甘みのお水が口の中で弾けるんです。
でもちゃんと食感もあって......。だから、飲むと言う感じではなく、食べると言う.....そう...
まさしく「水を食べる」と言う感じでした。
きな粉も黒蜜も、ほんとうに丁度良い感じにマッチして.....何個でも食べられそうなくらい、
不思議な食感でありながら、最高に美味しかったです。


初動画(FC2では)iPhone投稿してみたけど、動画情報しか編集できないんですね。
済みません....顔を横にして見てください.......汗

詳しい行き方などは、「金精軒さんのHP」で確認できます。
また、金精軒さんの通常の信玄餅も、甘さも優しく、すごく美味しいです。くるみ信玄餅も。

こちらは、おみやにできます。
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。