がちょうの夢(거위의 꿈)

goose-792851_640.jpg
(画像は、グーグルフリー素材より、お借りしました)

歌詞と和訳と読み

昔、この曲を初めて聞いた時、心に深く残り、とても好きになりました。
改めて訳をしてみたいなぁと.....そんな風に想います。

勉強を兼ねてですので、不足の部分が多いと思いますが.......
また、ちょっと思い入れもありまして、主語を、「僕」に......「私」にしちゃうと、
自分に置き換えちゃって......つい......なので........

  


gatyoend.jpg


作詞:イ・ジョク 作曲:キム・ドンニュル 編曲: Sync Project

ナン ナン ックミ イッソッチョ
난 난 꿈이 있었죠
僕は....僕には夢がありました

ボリョジゴ ッチョッキョ ナンルハヨド
버려지고 찢겨 남루하여도
捨てられて 引き裂かれて ぼろぼろになっても

ネ ガスン キッスキ ボムルグァ ガチ カンジッケットン ックン
내 가슴 깊숙히 보물과 같이 간직했던 꿈
胸の奥深く 宝物のように 大切に秘めた夢    

ホッ ッテロン ヌグンガガ トゥンモルル ピウスン
혹 때론 누군가가 뜻 모를 비웃음
時に誰かが 訳もなく嘲りを

ネ トゥン ティエ フルリル ッテド
내 등뒤에 흘릴때도
背中に浴びせかけたとしても

ナン チャマヤ ヘッチョ チャムルス イッソッチョ
난 참아야 했죠 참을수 있었죠
堪えなければならなかったし 堪えることができたでしょう

ク ナルル ウィヘ
그 날을 위해
その日の為に

ヌル コッチョンハドゥッ マラジョ
늘 걱정하듯 말하죠
いつも心配そうに言われます

ホットェン クムン トギラゴ
헛된 꿈은 독이라고
虚しい夢は毒なんだよと

セサングン ックチ チョンヘジン チェッチョロン
세상은 끝이 정해진 책처럼
世の中は結末が決まっている本のようだから

イミ ドリキルス オンヌン ヒョンシリラゴ
이미 돌이킬수 없는 현실이라고
もはや取り戻すことができないのが 現実なのだと

クレヨ ナン ナン ックミ イッソヨ
그래요 난 난 꿈이 있어요
そう 僕は....僕には夢があります

ク ックムル ミドヨ ナルル ジキョバヨ
그 꿈을 믿어요 나를 지켜봐요
その夢を信じています そんな僕を見守っていてください

チョ チャガッケ ソ インヌン  ウンミョギラン ピョガッペ
저 차갑게 서 있는 운명이란 벽앞에
あの冷たく立ちはだかっている 運命と言う壁の前に

タンダンヒ マジュチル ス イッソヨ
당당히 마주칠 수 있어요
堂々と向かい合ってみせます

(ジェジュンパート)

「オンジェンガ ナン クビョグル ノンゴソ
언젠가 난 그벽을 넘고서
いつか僕は その壁を乗り越えて

チョ ハヌルル ノピ ナルルス イッソヨ
저 하늘을 높이 날을수 있어요
あの空を高く飛びます

イ ムゴウン セサンド
이 무거운 세상도
この重苦しい世界も

ナルル ムックルスン ノッチョ
나를 묶을순 없죠
私を縛ることはできないでしょう

ネ サルメ クッテソ ナ ウスル ク ナルル ハンッケヘヨ
내 삶의 끝에서 나 웃을 그날을 함께해요
人生の最期で笑っている僕と その日を共にいてください」

繰り返し

クレヨ ナン ナン ックミ イッソヨ
그래요 난 난 꿈이 있어요
そう 僕は....僕には夢があります

ク ックムル ミドヨ ナルル ジキョバヨ
그 꿈을 믿어요 나를 지켜봐요
その夢を信じています そんな僕を見守っていてください

チョ チャガッケ ソ インヌン  ウンミョギラン ピョガッペ
저 차갑게 서 있는 운명이란 벽앞에
あの冷たく立ちはだかっている 運命と言う壁の前に

タンダンヒ マジュチル ス イッソヨ
당당히 마주칠 수 있어요
堂々と向かい合ってみせます

オンジェンガ ナン クビョグル ノンゴソ
언젠가 난 그벽을 넘고서
いつか僕は その壁を乗り越えて

チョ ハヌルル ノピ ナルルス イッソヨ
저 하늘을 높이 날을수 있어요
あの空を高く飛びます

イ ムゴウン セサンド
이 무거운 세상도
この重苦しい世界も

ナルル ムックルスン ノッチョ
나를 묶을순 없죠
私を縛ることはできないでしょう

ネ サルメ クッテソ ナ ウスル ク ナルル ハンッケヘヨ
내 삶의 끝에서 나 웃을 그날을 함께해요
人生の最期で笑っている僕と その日を共にいてください


※訳は、「いろは かるた」のchiemiです。
拙い訳ですが、もし、ご入用の場合は、画像ごとお持ちください。

訳を、画像ごとではなく、転載あるいは引用したい場合は、
ブログ名などを明記頂けるなり、ご配慮頂けると、すっごく嬉しいです。

一部訳を使っての二次加工は、遠慮頂けたら幸いです。

もし、ツイアカより来て頂けたのでしたら、そちらの明記でも構わないです。
宜しくお願い致します。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。